【評】横浜Mは交代策が的中し、打ち合いを制した。0─1で迎えた後半18分に天野、オナイウ、水沼を同時に投入。天野は21、32分にゴールし、2─2の42分にはオナイウが水沼の右クロスを頭で合わせた。湘南は善戦したが及ばなかった。

...    
<記事全文を読む>