明治安田J3第2節最終日は5日、6試合を行い、FC岐阜は敵地のAxisバードスタジアムで鳥取に3―2で競り勝ち、今季初勝利を挙げた。

 新型コロナウイルスの影響で、試合は開幕戦に続き無観客で実施された。岐阜は前節と同じメンバーが先発した。

 前半15分に相手DF裏を突いたパスにFW富樫が反応し先制。44分にはロングパスをFW粟飯原が打点の高いヘディングで合わせた。その後、追い付かれたが、後半18分にMF川西が巧みなターンで相手をかわし右足で勝ち越しゴールを決めた。

 練習試合から4試合得点がなかった中、縦の速い攻撃が光り、打ち合いを制した。富樫は昨シ...    
<記事全文を読む>