サッカー・J1リーグの約4カ月ぶりの再開を控え、サガン鳥栖は6月30日、トップチームの練習を報道陣に公開した。4日に無観客で実施される再開初戦の大分トリニータ戦に向け、実戦形式のミニゲームなどで連係を確認。金明輝監督は「画面越しに応援してくれるサポーターに、勇気を与えられるサッカーをしたい」と意気込んだ。

 練習の公開は約1カ月半ぶり。選手は和やかな雰囲気でウオーミングアップをした後、サイドに展開してクロスボールを上げるなど攻撃面を重点的に確認した。ミニゲームでは、激しいタックルや豪快なヘディングなど、試合さながらの迫力あるプレーを繰り広げた。

 J1リーグは、...    
<記事全文を読む>