鈴木が一振りで野村を援護した。0―0の六回2死一塁、打ちあぐねていた松葉のチェンジアップをフルスイング。打球は高く上がり、中堅右への決勝2ランになった。「(野村)祐輔さんが頑張っていたので、良い先制点になった」。ベンチで笑顔を見せた。

...    
<記事全文を読む>