◆西武4-2ロッテ(26日、メットライフドーム)

 西武が逆転勝ちでこの6連戦4勝2敗。ロッテに再びカード勝ち越しを演じた。

 先発・榎田が初回無死一、三塁を無失点で切り抜ける立ち上がり。2回に栗山の通算350二塁打となるタイムリーツーベースで先制した。

 4回に榎田が集中打を浴び逆転されたものの、6回に中村が同点二塁打、栗山が勝ち越し二塁打。木村も適時打で続いて2点を勝ち越した。

 救援陣は6回途中から登板の平井を皮切りに無失点リレー。8回のギャレットは球場初となる160キロをマークした。

 この試合では2回に中堅・鈴木が中...    
<記事全文を読む>