外崎修汰の粘りが、流れを一気に変えた。

 18日の東北楽天戦。0―3と劣勢で迎えた六回無死一塁で打席に入った外崎は、好投していた塩見投手からファウルで粘り、9球目を腕を畳んでレフト前へ。スタートを切っていた一塁走者の源田壮亮は一気に三塁を陥れた。このチャンスに山川穂高が左中間に特大の同点3ラン。続く中村剛也も左翼席に勝ち越し本塁打を放ち、そのまま逃げ切った。

 開幕を5番で迎えたものの、3番に定着しつつある外崎。どこでも打てる、守れる、ユーティリティーぶりは今季も健在だ。守備でも同日の三回、1死一塁で浅村選手の打った二遊間へのハーフライナーを逆シングルかつショー...    
<記事全文を読む>