もがき苦しむ主砲の分まで、近藤が打線をけん引している。一回無死一、三塁の第1打席。追い込まれてから「インコースの難しいボールでしたが、いいところに飛んでくれて良かった」と、カットボールを左翼ライン際に運ぶ技ありの先制適時打を放った。

 「有原さんを援護したい」と強く願っていた。好投しながらも今季1勝にとどまっている大黒柱の心情をくみ取り、責任を感じていた。

 三回には四球を選び、持ち味を発揮した。しかし、悔やまれたのは3点を追った八回2死二塁。出塁すれば、好機を拡大し、本塁打で同点のシーンを演出できた。モイネロに直球2球で追い込まれ、最後は珍しく、明らかにボール...    
<記事全文を読む>