完封ペースが、暗転した。6回まで付け入る隙を与えなかった先発のマルティネスが七回につかまった。連打で1点を失い、四球も与えて二、三塁のピンチで降板。2番手の玉井が逆転適時打を許したため、今季3敗目を喫した。

 チーム3連勝を託された助っ人は、序盤から全開だった。「絶好調と思える状態で、球種もすべて思い通りに投げきれた」と手応えを強調したように、直球とカットボール、カーブを有効活用し、強力打線を翻弄した。

 五回1死からバレンティンに右前へ運ばれるまで、無安打。捕手との呼吸もバッチリで「相手打線を分析して試合に臨めた。セオリー通りに石川亮が配球してくれて、うまくか...    
<記事全文を読む>