障害者野球日本代表として活躍し、「隻腕のイチロー」と呼ばれた岡原年秀さん(46)=兵庫県高砂市=がこのほど、村岡高校(同県香美町村岡区村岡)で「自分の可能性を信じろ」と題して講演した。利き腕の右腕を失いながら再起を遂げた日々を振り返り、全校生167人に「諦めない限り、人生はどうにでも変えていける」と語り掛けた。

 兵庫県のオリンピック・パラリンピック教育推進校に指定される同校で、スポーツや共生社会への理解を深める事業の一環。

 岡原さんは社高校(加東市)野球部出身。29歳の時、勤務先の工場での事故で右腕を切断した。直後は鏡に映る姿を直視できなかったという。 <記事全文を読む>