◆西武1-2ロッテ(22日、メットライフドーム)

 粘りの投球も報われなかった。高橋光が今季最長となる7回を2失点。味方の反撃を信じたが、1点差で惜敗した。「そんなにばらつくことなくゾーンの中で勝負できた。何とか粘れたのは良かった」。悔しさの中にも充実感があふれていた。

 群馬・前橋育英高で2013年夏に甲子園で優勝した高橋光が、同年に埼玉・浦和学院高でセンバツを制した同学年の小島と投げ合った。「仲のいい友達なので、いいピッチングをして小島には勝ちたいと思って投げていた」。5回、1死三塁から暴投で先制点を献上。悔やんだのは6回1死の井上のソロ被弾。「しっかりと厳...    
<記事全文を読む>