今季初の5連敗でBクラスに転落したベイスターズ。有観客試合が解禁となったハマスタではいまだファンに勝利を届けられず、21日からのヤクルト戦、24日からの広島戦で喜びを分かち合い、浮上のきっかけをつかみたい。

 今季のヤクルト戦はここまで2勝1敗、チーム打率3割5分1厘、1試合平均7得点と相性は抜群。この連敗中に1試合平均1.4得点と湿っていた打線が早めに援護できるか。21日は3度目の登板となるピープルズが初勝利を目指す。

 24日からの広島3連戦はエース今永、リーグトップの防御率を誇る平良に加え、昨季7勝した2年目の上茶谷が登板予定。リーグ1...    
<記事全文を読む>