ルートインBCリーグは20日、群馬県高崎市城南球場などで4試合を行い、信濃グランセローズは同じ中地区の群馬に3―4の六回表途中降雨コールドゲームで敗れた。通算9勝3敗3分けで、地区チャンピオンシップ進出を争う群馬とのゲーム差は1・5に縮まった。

 信濃は一回に佐野の適時打と松井の犠飛で2点を先取したが、先発佐渡がその裏に4連打を浴びて3失点。二回は失策が絡んで1点を失った。五回に山本の適時打で3―4とし、六回は2死一、二塁の同点機をつくったが、降雨で試合が続かなかった。

 信濃は21日、同球場で再び群馬と対戦する。信濃の予告先発はクインティン...    
<記事全文を読む>