井納が“オープニングゲーム”に詰め掛けたファンのハートを震わせた。六回2死、巨人の主砲岡本に真っすぐを5球続けて見逃し三振に。「一球一球集中して次の点を与えないように粘り強く投げた」というベテランは右拳を握った。

 今季初黒星を喫したものの、前日まで3試合連続アーチの岡本から3奪三振。直近3戦で28得点と好調の巨人打線に6回2失点と力投した。「球界を代表する打者を相手にうまく投げた。もう、いい意味で驚かない」と、ラミレス監督も独特の言い回しでたたえた。

 ただ、初回はストライクを取るのに7球も要した。立ち上がりの悪さを...    
<記事全文を読む>