東北楽天は先発則本昂が乱調で、連勝が2で止まった。則本昂は5回10安打5失点(自責点4)で今季初黒星。二回に4連打で3点を失い、三回は山川の左越えソロ、中村の適時二塁打を浴びた。2-6の九回は移籍後初登板の4番手池田駿が4失点した。
 打線は5点を追う三回2死満塁から茂木が2点二塁打を放ったが、その後は追い上げられなかった。
 西武は先発ニールが6回2失点で2勝目を挙げ、昨季からの連勝を13に伸ばした。

東北楽天-西武3回戦(東北楽天2勝1敗、18時00分、楽天生命パーク宮城、3,111人) 
西 武032000104-10
<記事全文を読む>