ルートインBCリーグ信濃グランセローズの竹内羊一球団社長と、松本市出身の柳沢裕一監督(48)らが15日、同市役所に臥雲義尚市長を訪ね、今シーズンの活躍を誓った。信濃は8月4日、22日、9月19日に同市四賀球場で試合を行う予定だ。

 今季は新型コロナウイルス感染症の影響で開幕が約2カ月遅れ、今月10日から観客の入場が可能になったばかり。柳沢監督は「応援を当たり前のように感じていたが、改めてありがたく感じた」と話した。同市出身の2選手も同行しており、赤羽由紘選手(20)は「応援に応えられるよう日本一を目指す」とし、14日に選手登録したばかりの高橋健太選手(20)は「日本一を取っ...    
<記事全文を読む>