プロ野球東北楽天は15日、本拠地の楽天生命パーク宮城(仙台市宮城野区)で今季初めて、観客を入れた試合を行った。西武との試合に訪れた2320人のファンは雨の中、久しぶりの野球観戦を楽しんだ。試合は東北楽天が11-0で勝った。
 今季のプロ野球は、新型コロナウイルス感染防止のため、6月19日に無観客で始まり、今月10日からは政府の方針に従い、入場人数を制限した上で観客を入れて開催している。
 楽天生命パーク宮城にこの日入った観客はマスクの着用が義務付けられた。大声での応援やタオルを回す行為などは禁止。試合中も球団職員が巡回するなど、対策の徹底を図った。
 四回...    
<記事全文を読む>