日本ハムは4―4の八回に2点を勝ち越し、6試合ぶりの勝利。1死満塁から中田が犠飛を放ち、大田の適時内野安打で突き放した。4番手宮西が今季初勝利。ロッテは1―2の五回にマーティンの3ランで一時逆転したが、継投陣が踏ん張れなかった。

...    
<記事全文を読む>