首位楽天との6連戦を前に西武の西口文也投手コーチ(47)が13日、先発陣に「浅村封じ」を命じた。本塁打、打点の2部門でリーグトップを走る絶好調の元同僚は昨季カード別で最多の11発を古巣から放った。「(同一カード)6連戦になると1、2戦目で調子のいい打者、今までやられている打者を抑え込めるかが本当に大事」と強調した上で、初戦を任せる高橋光、2戦目で登板予定の今井に「浅村に対して向かっていく姿勢を見せて、攻めていってもらいたい」と注文した。

 前カードのロッテ戦を3勝2敗(1試合ノーゲーム)と勝ち越し、楽天に2ゲーム差の3位で敵地へ乗り込む。ここまで強力な救援陣で勝ち星を拾って...    
<記事全文を読む>