不敗神話が途切れた。1―1の同点で迎えた八回。6番手でマウンドに上がった公文が、猛牛打線につかまった。先頭の代打・山足に左前打を許すと、犠打と内野安打などで1死二、三塁にピンチは拡大。1点も与えられない状況で、打席に3番・吉田正を迎えた。

 公文はカウント1―2から勝負球にスライダーを選択。吉田正はバットに当てるのが精いっぱいで、力ないボテボテの打球が投前に転がった。三塁走者の山足は“ゴロゴー”のギャンブルスタート。公文は捕球後に本塁送球を試みたが、握り替えに失敗した。一瞬の遅れは命取りとなり、返球は間に合わず。野選による1点が勝負を分けた。

...    
<記事全文を読む>