横浜DeNAのタイラー・オースティン内野手(28)が11日の阪神5回戦のベンチ入りメンバーから外れた。前日10日の第2打席で右手を痛めたとみられる。この日は球場内で治療を受け、打撃練習には参加しなかった。

 ラミレス監督は試合前、この日の外国人枠についてパットンを外す意向を示していたが、急きょ変更したもようだ。

 オースティンはここまで打率3割2分7厘、13打点、3本塁打をマーク。4日のヤクルト戦以来、5試合ぶりに先発から外れた。

...    
<記事全文を読む>