日本ハムは逆転負けで2連敗、オリックスと同率の最下位となった。1―1の八回、6番手の公文が2安打と投ゴロ野選で勝ち越しを許し、さらに3点を失った。打線は4点を追う九回、代打清宮の2号2ランで2点差としたが後続を断たれた。オリックスはヒギンスが来日初勝利。

...    
<記事全文を読む>