未曽有のシーズンが開幕してはや3週間。チームは今季初のビジター遠征真っただ中だ。チームは宿舎でも新型コロナウイルス感染拡大防止対策をきめ細かく行っている。

 例えば、宿舎から球場まで向かうバス移動。通常は2台で行くところを現在は席の間隔を空けるために3台のバスが用意されている。食事会場も本来は円卓を複数の選手が囲み、和気あいあいと食べるが、机1台につき1人。勝った後でも負けた後でも静かである。

 そして宿舎を出る時、朝食の前に必須なのが検温だ。最高のパフォーマンスをグラウンドで出すために、厳重な注意を払いながら毎日を過ごす。

 そんな中で、8日には今...    
<記事全文を読む>