自宅で大麻リキッドを所持していたとして、広島県警薬物銃器対策課と広島東署の合同捜査本部は10日、元広島東洋カープ投手で米国籍の無職ジャクソン・ジュニアランディー容疑者(32)を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、7日ごろ、千葉市美浜区打瀬3丁目の自宅で大麻リキッドを所持した疑い。県警によると、情報を入手した捜査員が自宅を捜索したところ、大麻リキッドが入った容器数本を見つけた。押収量は鑑定中。「何も話したくない」と供述しているという。

 ジャクソン容疑者は2016~18年にカープに在籍し、セ・リーグ3連覇に貢献した。米大リーグのブルワーズでプレ...    
<記事全文を読む>