NPBとJリーグでつくる「新型コロナウイルス対策連絡会議」の地域アドバイザーとして、広島とJ1広島の選手、関係者の感染防止や公式戦開催に向けた準備の助言をしてきた、広島大病院感染症科の大毛宏喜教授(53)に観戦時の注意点などを聞いた。(貞末恭之)

...    
<記事全文を読む>