ルートインBCリーグ(9日)石川ミリオンスターズは金沢市民野球場で富山GRNサンダーバーズと9、10回戦のダブルヘッダーを行い、投打がかみ合って2連勝とした。
 第1試合、石川は初回一死1、3塁で4番今村春輝の右犠飛で先制すると、二回は、8番川崎俊哲が右前へ適時二塁打、1番荒谷勇己の適時打で2点を追加した。五回に同点に追いつかれた後、六回二死満塁から敵失で勝ち越しに成功した。3番手で登板した龍谷晃議に今季初白星が付いた。
 第2試合は、石川の打線がつながった。初回、四球で出塁した1番荒谷が2盗、2番荒川顕人の適時打で先制。3番小林恵大の左前打、4番今村の四球で無死満...    
<記事全文を読む>