ベイスターズは7日の広島戦(マツダ)を皮切りに阪神(甲子園)、中日(ナゴド)と3カード続く長期遠征が始まる。首位巨人を追撃するためにも広島、阪神の下位球団には是が非でも白星を先行させたい。

 開幕カードで負け越した広島は現在4連敗中だ。7日に先発する浜口は対広島戦で昨季2勝0敗、防御率1.29と安定しており、今季2勝目が期待される。打線はソトが7月の5試合ですでに3本塁打、8打点と本領を発揮している。

 10日からの阪神戦はエース今永、防御率トップの平良が先発を予定。リーグワーストの猛虎打線をしっかり封じ、6年連続で負け越している苦手意識を完...    
<記事全文を読む>