◆西武5-8オリックス(5日、メットライフドーム)

 西武のドラフト8位ルーキー岸がプロ初昇格。代打でプロ初出場した。

 6点を追う8回、前の打席で右手首付近に死球を受けていた中村への代打で登場。2番手・山田の初球、高めのストレートを空振りし、1ボール1ストライクから3球目を打って右飛に倒れた。

 そのまま左翼の守備に就いたが、9回に味方の打線がつながって3点差に迫り、なお1死一、二塁。抑えのディクソンに対し一発出れば同点の場面となり、代打・呉念庭を送られた。

 「今日、初めて公式戦で一軍のベンチに入り緊張しましたが、『ここから始まる』と...    
<記事全文を読む>