一回2死一、二塁の場面で、渡辺が先制の適時二塁打を放った。中田が四球で歩いた直後の初球を狙った。ソフトバンク・東浜の147キロ直球を強振。左翼の頭上を襲った打球は、栗原のグラブをかすめて抜けた。

 「しっかり真っすぐ狙って、それをしっかり仕留められたので良かった」と振り返ったが、それ以上に悔やんだのは三回無死満塁で迎えた第2打席だ。浅い中飛に倒れると、後続も打ち取られ、無得点に終わった。「あそこで何とか1点取れていたら流れも変わったと思いますし、最低限、犠牲フライだったりとかゲッツー崩れだったりとか、そういうので1点取れたら」と唇をかんだ。

 開幕は6番でスター...    
<記事全文を読む>