15打席目で待望の一打が生まれた。二回1死から「6番・DH」で先発出場した清宮が、今季初安打となる右翼線への二塁打をマークした。ソフトバンク先発・石川のフォークを振り抜いた打球は一塁線を破り、悠々と二塁に到達した。

 今季初めてスコアボードに「H」ランプをともし「スイングは悪くはなかったかな、と思います。日々、アジャストできそうな感覚はあるので、これをキッカケにしたい」と巻き返しを誓った。

 生みの苦しみが続いていた。「迷っているように見えた」という栗山監督は、小笠原ヘッド兼打撃コーチに指導を依頼した。小笠原コーチも身ぶり手ぶりで技術を教えるだけではなく、打席で...    
<記事全文を読む>