◆西武0-6オリックス(1日、メットライフドーム)

 フラフラと上がった山川の打球が二塁手のグラブに収まると、スコアボードに9個目の「0」が刻まれた。7連敗中だったオリックスに喫した今季初のゼロ封負け。自慢の“獅子脅し打線”が今季ワーストの2安打に沈んだ。辻監督は「打てなかったということは、相手が良かったと思うしかないだろう」と潔く完敗を認めた。

 継投による「ノーヒットノーラン」というプロ野球史上、4例しかない屈辱を味わうところだった。7回まで無安打。8回無死、中村の左前打でようやくチーム初安打となる「H」ランプをともした。指揮官は「(...    
<記事全文を読む>