◆西武3-2オリックス(30日、メットライフドーム)

 栗山が勝負強さを発揮した。4回2死満塁で左腕アルバースの甘いスライダーを中前にしぶとく落とし、先制の2点打を放った。

 勝利の流れをぐっと引き寄せた。「詰まった分、落ちてくれるかなと。ここぞの場面で一本出すことが、自分に求められている役割なので」。打率は3割4分5厘。開幕から好調な打撃をキープするベテランの働きに、辻監督も「価値が大きい一打だった」とたたえた。

...    
<記事全文を読む>