ルートインBCリーグの信濃グランセローズは、1〜8日の8日間で5試合を戦う。うち3試合は、中地区チャンピオンシップ進出を争う群馬と対戦。1引き分けを挟んで開幕から5連勝と勢いに乗る信濃は、2ゲーム差をつけている群馬との差をさらに広げたい。

 信濃はリーグで唯一黒星がない。柳沢監督が掲げる「バッテリー中心の守り勝つ野球」が機能しており、防御率はリーグ1位の0・75をマーク。投手陣の安定感が際立っている。

 好調な投手陣に応えるように、打線は白星を挙げた全5試合で先制点を奪って試合を優位に進めた。これまで通りの流れをつくれれば、勝機はぐっと高まり...    
<記事全文を読む>