現役引退を発表していた2012年ロンドン五輪バレーボール女子銅メダリストの新鍋理沙(29)=久光製薬=が29日、オンラインで記者会見を行った。真っ白なワンピース姿で登場した新鍋は時折涙を浮かべながら、「1年後に自分が納得するプレー、チームに貢献できるプレーができるか考えたとき、難しいと思った」などと引退を決めた理由を語った。

 現日本代表でも主力だったアウトサイドヒッターは、東京五輪の1年延期が決まった後の4月に痛めていた右手人さし指を手術。リハビリを続ける中で、徐々に心身のコンディションを保つ自信を失ったという。

 「ここでやめるのは無責任ではないか」と葛藤し...    
<記事全文を読む>