バレーボール・V1リーグ女子の久光製薬スプリングス(鳥栖市)は21日、オンラインでファン感謝祭を行った。選手たちが2019-20シーズンを振り返り、好きな食べ物や休日の過ごし方などコートの上とは異なる一面も披露してファンと交流を深めた。

 選手は4~5人ずつ私服姿で登場し、プライベートな話題を交えながら和やかな雰囲気で進行した。「ルーティン」を問われた栄絵里香は「シューズのひもは必ず右から結ぶ」と答えた。気持ちを高める方法について、座安琴希は「試合では自然とモチベーションが上がるので、練習の時に大きな声を出して盛り上げる」と説明した。

 現役引退を20日に発表し...    
<記事全文を読む>