1920(大正9)年に制定された6月10日の「時の記念日」は今年で100周年を迎えた。瞬時の攻防が勝敗を分けることが多く、日常生活で感じる以上に「時」を意識するのがスポーツ。そんな「一瞬」に懸けるアスリートたちの思いを聞いた。(神戸新聞・京都新聞合同企画)

...    
<記事全文を読む>