2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、日本代表の主将を務めたリーチ・マイケルさん(31)の母校、札幌山の手高(札幌市西区)で、ラグビー部が練習している土のグラウンドを全面人工芝にする改修工事が行われている。W杯でのリーチさんらの活躍に感動した札幌医大病院の元医師の遺言に基づく寄付で実現した。同校は7月23日に遺族やリーチさんを招待してお披露目会を開く。

 寄付をしたのは、昨年12月に94歳で亡くなった札幌市中央区の元整形外科医、中原正雄さんの妻佳子さん(68)。佳子さんによると、スポーツ好きだった中原さんは昨年9~11月のW杯をテレビで食い入るように観戦。特...    
<記事全文を読む>