【稚内】2月の日本選手権で2連覇を果たした男子カーリングの北海道コンサドーレ札幌は、5月末にオープンした市みどりスポーツパークの新カーリング場で強化合宿を行った。有力チームが同施設を使うのは初めてで、選手からは「使い勝手が良い」と好評だった。

 合宿は25日まで6日間の日程で行われ、最終日の25日はチームの要、スキップを務める松村雄太選手(30)ら4選手が練習。氷の性質やストーンの伸び具合を確認して、ハウス内にストーンを並べ、狙った位置に正確に投げる練習などに取り組んだ。練習後、取材に答えた平昌(ピョンチャン)五輪代表の清水徹郎選手(32)は「使い勝手の良い施設。氷の滑りや...    
<記事全文を読む>