新型コロナウイルス感染拡大による活動休止が明けて初となるボート日本代表の強化合宿が6月20日から、福井県美浜町の県立久々子湖漕艇場で行われている。福井県勢で招集された武田匡弘(美方高校出身、関西電力)と冨田千愛(ちあき)(県スポーツ協会)=ともに軽量級=も来夏の東京五輪へ本格的に再スタート。「課題を見つめ直す」とレベルアップを誓う。

 武田は約2カ月ぶりの代表練習に「充実している」と声を弾ませた。

 「東京」への気持ちを一段と強くさせたのは、非五輪種目の軽量級シングルスカルで初出場した昨夏の世界選手権。18位だったが「トップスピードは負けていない」と手応えをつか...    
<記事全文を読む>