目に見えない新型コロナウイルスとの戦い。幸いにも私が所属する自衛隊は選手も施設内に居住しており、規模は縮小しながらも練習自体は継続することができた。ただ、全国の大多数の選手は満足に練習できない状況が続いたはずだ。ようやく再開し始める時期と思うが、こういう時はけがが怖い。いきなり全開で練習するのではなく、まずはなまっている体をケアしながら、徐々に強度を上げていくべきだ。
 延期された五輪は簡素化して行う方針が示された。本来なら選手と大勢の観客が一体感を持って盛り上がれるのが五輪の素晴らしさ。自国開催でもあり、選手としては予定通りの開催が最もありがたいが、中止ほどつらいことはない...    
<記事全文を読む>