新型コロナウイルス感染症の第一波が収束した県内は、学校再開とともにスポーツ少年団や武道教室などの活動も解禁された。子どもたちが感染対策をしながら練習を再開。マスクを着けてのトレーニングなど制限がある中、久しぶりの活動を楽しんでいる。

 (山口育江、坂本碧)
 「一、二、三…」。今月上旬、福井市花堂東二の「柔整会柔道教室」では、午後六時半の練習開始と同時に準備体操する子どもたちの元気な号令が響いた。
 教室は二月下旬に活動を休止。三月下旬に一度は再開したが、県内で感染者が増えたため再び休止していた。
 接触を避けるため、当面は組み合う練習は避け、...    
<記事全文を読む>