昨年、ラグビー7人制女子日本代表に初選出された弘津悠(はるか)=ナナイロプリズム福岡、星陵高出=は、東京五輪の1年延期を「経験がない私にとってすごくプラス」と言い切る。神戸製鋼のV7戦士を父に持つ伸び盛りの19歳に、活動再開を待つ思いをオンライン取材で聞いた。(山本哲志)

 

 元日本代表フッカーの父英司さんの影響で小学4年から競技を始めた。中学、高校はバスケットボールと両立したが「高いレベルに行ける可能性はラグビー」と父と同じ道を選んだ。

 早大に進んだ昨季は激動の1年だった。古傷の左膝のけがに悩まされ、「メンタル的にも体的にもネガティブ...    
<記事全文を読む>