昨秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会によって、列島は熱狂に包まれた。海外出身選手が半数を占める多国籍集団の日本が「ワンチーム」となって戦い抜き、初の8強。国民の多くが絆やつながりといった日本人が大切にしてきた価値観を見つめ直し、国籍を超えて分かり合える可能性を示したからだ。

 2015年のW杯で日本は南アフリカから歴史的金星を挙げ、「五郎丸ポーズ」も脚光を浴びたが、その熱は続かなかった。今回は人気が点から線へとつながった。いかに面へと広げられるか。野球やサッカーのように国民的スポーツとしてさらに定着するためには代表だけでなく、ラグビーそのものの魅力を伝え、触れる機...    
<記事全文を読む>