水戸市出身の若手レーシングドライバーの兄弟が、新チームを設立した。同市を拠点に、今季は市販車ベースの「スーパー耐久シリーズ」と、フォーミュラカーの「FIA-F4」の自動車レースで頂点を目指す。チームとして、交通安全の啓発など地域貢献活動にも注力していきたい考えだ。

兄弟は同市在住の平木湧也(ゆうや)さん(23)と弟の玲次さん(22)。車好きの両親の影響を受け、湧也さんが4歳、玲次さんが3歳のときレーシングカートを始めた。ともに地方戦から挑戦し、全日本カート選手権で活躍。成績を踏まえ、本来より2年早い16歳からフォーミュラカーのライセンスを取得した。現在、プロレーシン...    
<記事全文を読む>