味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC=東京都北区)での本格的な強化再開は道半ば。東京五輪の有力なメダル候補の卓球を取り巻く現状も、コロナ禍で様変わりした。日本卓球協会の宮崎義仁強化本部長は、緊急事態宣言の発令中だった5月、練習環境の復活と実戦機会の創出が急務との認識を示した。
 「(五輪の)1年延期というのは、どちらかというとポジティブに捉えている。選手が成長できるということ。ただし、新型コロナウイルスの影響で、練習が皆で集まってできていない。そこは日本にとって不利な部分もある」
 2012年ロンドン五輪で女子団体が初めて銀メダルを獲得。16年リオデジャネイ...    
<記事全文を読む>