日本自転車競技連盟は4日、1年延期となった東京五輪のトラック種目の代表6選手を発表し、男子オムニアムで橋本英也(26)=ブリヂストン・日本競輪選手会岐阜支部、岐南工高出=が、初の五輪代表に選ばれた。

 県ゆかりの選手で五輪代表に内定したのは、ボクシング男子フライ級の田中亮明(中京高教)に続き2人目、パラリンピックを合わせると3人目。

 このほか、競輪選手の脇本雄太(31)と新田祐大(34)=ともに日本競輪選手会=が選ばれた。2大会連続の脇本、2大会ぶりの新田は男子ケイリンで発祥国として悲願の金メダルを目指す。女子オムニアムで優勝が期待される梶原悠未(23)=筑波...    
<記事全文を読む>