日本自転車競技連盟は6月4日、来夏に延期された東京五輪のトラック種目の代表を発表し、男子ケイリンで福井県勢の脇本雄太(31)=科学技術高校出身、日本競輪選手会福井支部・ブリヂストン=が選ばれた。

 4年前の借りを返す切符を手にした。東京五輪の自転車トラック種目の男子ケイリン代表に選ばれた脇本雄太は2016年リオデジャネイロ五輪では1回戦敗者復活戦で敗退。肉体と練習を一から見直し、今や世界の強豪が警戒する日本短距離界の「顔」となった。新型コロナウイルス感染拡大による大会延期のショックも払拭。「金メダルを取って福井の皆さんに恩返ししたい」。6月4日の記者会見では自信がみなぎった...    
<記事全文を読む>