若手の成長が著しいフェンシング女子フルーレで、1年延期された東京五輪の日本代表入りが確実視されるのが18歳の上野優佳(中大)だ。両親も競技経験があり、兄の優斗(同)も競技に取り組む「フェンシング一家」で英才教育を受け、中学1年時の苦い敗戦を機に大きく飛躍した。母の瞳(43)が語る娘の負けん気の強さとストイックさとは-。

 (末継智章) (文中敬称略)

■兄の背中追い

 瞳は1枚の写真を取り出した。まだ幼い優佳の隣に並んでいるのは、2008年北京五輪男子フルーレ個人で日本選手初のメダルを獲得した太田雄貴(現日本フェンシング協会会長)だ。

 「08年の北京...    
<記事全文を読む>