新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者支援を目指し、県内アスリートがサッカーのビデオゲームで争うeスポーツの慈善大会は31日夜、決勝トーナメントの模様がオンライン配信され、J1横浜Mの遠藤渓太が決勝でJ1川崎の旗手怜央に3-2で競り勝ち、参加15選手の頂点に立った。

 決勝の顔合わせはJリーグの「神奈川ダービーマッチ」となり、遠藤と旗手はそれぞれ所属チームを使用して対戦した。マルコスジュニオールとエリキのゴールでリードした横浜Mに対し、川崎は田中碧の2得点で反撃。最後は昨季得点王のマルコスが勝ち越し弾を決め、横浜Mが2019年のJ1に続く〝タイトル〟を獲得した。退場者...    
<記事全文を読む>