タンザニアの陸上選手へ中古シューズを送ろうと活動している新潟県南魚沼市陸上競技協会の今井雄一副会長(66)の自宅を22日、在日タンザニア大使館のジョン・F・カンボナ全権公使(52)が訪れ、感謝の気持ちを伝えるとともに発送に協力する考えを示した。

 今井さんは旧六日町役場職員だった1994年、タンザニアの元五輪選手、ジュマ・イカンガーさん(62)を同町のリレーマラソン大会に招待し、その後も交流を続けている。

 同国にはお金がなくてシューズを買えない選手がいると知って2月から寄付を募り、県内外から約250足が集まった。

 今...    
<記事全文を読む>