福井陸協は6月22日、トップ選手を招待したナイター陸上競技会「アスリート・ナイト・ゲームズ・イン・フクイ」(福井新聞社特別協賛)を予定通り、8月29日に福井市の9・98スタジアム(福井県営陸上競技場)で開催すると発表した。観戦は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため入場者数を減らした上でできるようにする。出場選手は後日発表する。

 2019年の第1回大会には男子100メートルの桐生祥秀や多田修平、110メートル障害の金井大旺(福井陸協登録)らが出場。男子走り幅跳びで城山正太郎が8メートル40をマークするなど三つの日本新記録が誕生したほか、レース中に音楽を流したり、実況解説を...    
<記事全文を読む>